歯を白くする歯磨き粉 薬用トゥースメディカルホワイトex

歯を白くする歯磨き粉 薬用トゥースメディカルホワイトexを使って、歯を白くきれいに保つコツなどを紹介しています。
Top>デンタルクリーニング>フッ素イオンを歯に浸透させる

 デンタルフロスで仕上げの掃除が終われば、いよいよ最後のフッ素塗布です。きれいに磨いた後の歯に、虫歯を予防してくれるフッ素を歯に浸透させるのです。


フッ素のジェルは、薬局や歯科クリニックで販売しているので、購入した方も少なくないと思います。購入した経験がある方は、たいてい子供の歯に塗布しているようです。子供の歯は、とても柔らかく虫歯になりやすいので、虫歯予防のために塗布される方が多いようです。



 ところが、デンタルクリーニングで塗布されるフッ素は、市販されているものと一味違います。特別な機械を使って塗布するので、フッ素がイオン化され歯の細部にまで浸透してくれるのです。


どういう仕組みなのかというと、患者に銀の棒を握ってもらうことによって、歯がプラスに電荷されます。そこにマイナスにイオン化されたフッ素を塗布すると、フッ素が惹きつけられるので、歯に浸透しやすいのです。


デンタルクリニックでは、このような仕組みを使って、フッ素を塗布するので、市販のフッ素ジェルを塗るのと比較すると、濃度が5倍も高く、虫歯の予防効果が高いのです。



 もちろん、市販のフッ素ジェルでは効果がないというわけではありません。何もしないことと比べると、虫歯予防の効果はあります。ただ、歯に十分浸透していないので、効果を上げるには、塗布頻度を上げてやる必要があるのです。



Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.