歯を白くする歯磨き粉 薬用トゥースメディカルホワイトex

歯を白くする歯磨き粉 薬用トゥースメディカルホワイトexを使って、歯を白くきれいに保つコツなどを紹介しています。
Top>歯磨き粉の選び方>発泡剤は歯磨きに効果がない!

 市販の歯磨き粉の80~90%割に使われていると言われているのが「発泡剤」です。
発泡剤というのは、泡を立てる成分ですから、歯磨きしていると口の中が泡だらけになるのは、発泡剤がたくさん入っているからなのです。

発泡剤が含まれているために、とにかく泡が立つので、歯磨きすればよく磨けた、きれいになったという気になってしまいがちです。洗濯機でも泡がたくさん立っていると、きれいに洗えたという気持ちになりますよね、あれと同じです。泡自体には、歯をきれいにする効果なんか何もありませんから、泡が立つのは、歯磨きをするうえで、かえって邪魔になります。

発泡剤が入っていない方が、歯がきれいに磨けたかどうかがよく分かります。発泡剤の入っていない歯磨き粉を使うか、塩をつけて歯磨きしてみると、よく分かりますよ。一度やってみてください。


 発泡剤は、石油科学系物質で作られています。泡の成分が人にとって有害な成分だというわけではありませんが、天然成分ではないので、できるだけ口にしない方が良いに決まっています。

「飲み込まないから大丈夫」と思っている人が多いと思いますが、実は飲み込まなくても、口の粘膜から九州されているのです。人の身体の中で、吸収が速いのは粘膜があるところなのです。口の中は粘膜なので、皮膚に比べると約13倍も吸収しているのだそうです。歯磨きをする短い時間でも吸収するのですから、できるだけ「発泡剤」の入っていないものを使うほうがいいですよね。



Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.