歯を白くする歯磨き粉 薬用トゥースメディカルホワイトex

歯を白くする歯磨き粉 薬用トゥースメディカルホワイトexを使って、歯を白くきれいに保つコツなどを紹介しています。
Top>歯磨き粉の選び方>研磨剤入りは要注意!

 歯は人の身体の中で最も硬い部分です。歯というのは、歯冠と呼ばれる目で見える部分のほかに、歯根と呼ばれる歯茎の中にある部分とで構成されています。
歯冠の外側からエナメル質、象牙質、歯髄というような構成になっています。歯は歯冠の一番外側がエナメル質でできているから硬いのです。





 エナメル質は、硬いという特徴を持っている反面、脆いという特徴もあるのです。そのため、歯が欠けてしまったなんてことが起きてしまいます。エナメル質は、無機質のヒドロキシアパタイトという成分出できています。乳歯のエナメル質は乳白色なのですが、永久歯に代わると黄褐色になります。年齢を重ねていくと、歯が黄色くなってくるのは、このためなのです。

 エナメル質は、一度その組織が破壊されてしまうと、二度と再生することはありません。虫歯になって、エナメル質を失ってしまうと、元に戻すことができなくなってしまいます。なので、虫歯にならないように日頃のケアが大切なのです。

 それでは、日頃から歯磨きをしっかりしていればエナメル質を守れるのかというと、そうだとは言い切れないのです。なぜなら、日頃使っている歯磨き粉に大量の研磨剤が含まれていたなら、歯を守るために歯磨きをすればするほど、研磨剤でエナメル質を削って薄くしていることになるのです。歯磨きをすることが、逆に歯を傷めているという結果になってしまいます。


 研磨剤が入っている歯磨き粉を使うと、歯の弱い部分へのダメージが大きくなったり、歯がしみたり、知覚過敏の原因になると考えられています。なので、自分の歯を大切に守りたいのであれば、研磨剤入りの歯磨き粉は、できるだけ避けたほうが良いですね。どうしようもない時には、ごく少量だけ使うようにしてください。

Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.